病院長の仕事内容は?

病院長求人TOP >> FAQ >> 病院長の仕事内容は?

病院長の仕事内容は?

病院長の医師の仕事内容はどういったものであるのかは、これから病院長転職を考えている方の中では、非常に気になっていることでしょう。病院長の仕事というのは、その医療機関の規模にもよりますが、基本的にはハードです。日々に分刻みのスケジューリングがされており、様々な業務をこなしていく必要があるのです。テレビドラマなどでもお馴染みの入院患者に向けた院長回診なんてものも、大事な仕事の1つですし、ここでは医師としてのスキルと知識、コミュニケーション能力が求められることになります。

他にも自由意志になりますが、週に何度かは、外来を受け持つということをしている病院長の方もいらっしゃいます。ある意味で院長室などに閉じこもり、書類の決裁などをしているイメージがある方もいらっしゃいますが、基本的には所属している医療機関における医療や治療の最高責任者が病院長になるわけですから、現場に実際に出て、外来患者さんの様子や入院患者さんの様子。更には、病院の機能がしっかりと回っているのかなどを確認する必要があるのです。

こういった現場に出て、感じたことや改善点といったものを幹部会議の場で改善案を提出してそれを実行させたりするのも、病院長としての大事な仕事内容になるといえるでしょう。医療機関が良質な治療を行うことが出来るように人材はもちろん、医療機器などの改善。他にも設備などの改善等も行なっていかなければならないのです。

基本的には予算というものがあり、経営目標というものが理事長や幹部などから会議の中で発表され、その年やその年度の病院の経営方針が決まるものです。こういったものを参考にして、医療や治療の方針を決め、実現出来るように決裁をしたり、指示をしたりするのが、病院長の仕事内容と言えるでしょう。病院内の安全を管理したり、感染などが起こらないようにしっかりと管理体制を整えることが病院長の仕事内容になっていきます。

更には市区町村や都道府県などの医師会へと医療機関の代表として参加し、自分の医療機関ばかりではなく、もっと広いエリアでの医療の発展について、様々な意見を交換したり、ルールの変更などをするといったことも病院長の仕事内容と言えるでしょう。簡単に説明をしましたが、まだまだ細かい仕事はそんざいしていますから、医師求人に特化した転職エージェントなどに登録をして、在籍するキャリアコンサルタントに相談をしてみることをオススメします。

病院長の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014 病院長求人ガイド All Rights Reserved.