病院長の年収相場は?

病院長求人TOP >> FAQ >> 病院長の年収相場は?

病院長の年収相場は?

病院長の医師ともなれば、そのクリニックや病院などの医療機関の現場のトップとも言える存在です。ですから、一般的なドクターでも相当の年収を稼いでいるため、さぞかし高額な年収を獲得出来る職業なのではというイメージをお持ちの方は多いといえるでしょう。もちろんどういった診療科を持っているのか、その医療機関の規模の大小、更に経営状態などによっても、年収面は左右されることになりますから、一概にいくらという風に明示することは難しいものです。

しかしながら、基本的には病院長の医師の場合、平均年収は1950万円前後ということが言われています。このくらいの年収であれば、ある程度に大きな医療機関の診療科のトップクラスの医師であれば、稼ぎだすことが出来るため、意外と低いというような感想を持つ方も多いことでしょう。ちなみに最低年収は、1260万円とされています。ある程度の経営状態の医療機関になれば、3000万円前後の年収が獲得出来るとされています。

病院長の医師の最高年収としては3540万円といった所が相場のようですね。ただし病院長の医師になるためには、それなりの経験と勤続年数が必要ともされています。実際に病院長の医師のデータを見てみると、その平均年齢は60歳とされており、その上で勤続年数も22年といった平均勤続時間が出ています。それなりの信頼と実績、更には人間性などがなければ、病院長の医師になることは難しいと言えるでしょう。2013年の新聞報道では、民間病院の病院長医師の平均年収が上がっている傾向にあるとされており、その年収は3098万円とされています。

一般的なドクターであれば、規模の大きな医療機関であるほどに、年収面が優遇されるといった法則がありますが、病院長の医師の年収に関しては、これに当てはまるとはいえません。実は400床以上の病院規模の病院長の医師の年収が平均で1900万円に対して、200から399床までの医療機関が1880万円。更に100床から199床までの規模の医療機関が2200万円という風に、平均年収が小規模になるほどに高いという状況が見られているのです。

これにはからくりがあり、小規模な病院ほどに医師や看護師といったスタッフの数も少ない傾向があり、病院長の仕事以外に、現場で実際に診察をしたりする機会が多いということからも、こういったデータが算出されているのです。また小規模な医療機関は理事長=病院長など経営者であることも多いのに比べ、大規模な医療機関は雇われ病院長であり、理事長や経営者とは違っていることが多いということからもこのような結果になっているのです。

病院長の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014 病院長求人ガイド All Rights Reserved.