病院長と理事長との違いは?

病院長求人TOP >> FAQ >> 病院長と理事長との違いは?

病院長と理事長との違いは?

病院長といえば、その医療機関で最も権力があり、最高責任者というイメージをお持ちの方もいらっしゃいますが、実際にはそうではないケースも少なくありません。それは理事長という存在があるからです。ここで疑問に思うのは、病院長と理事長との違いというものではないでしょうか。理事長というのは、その医療機関の開設者、もしくは開設者の親族などが就任することが多く、はっきり言ってしまうと、その医療機関のオーナーのような存在になります。

ですから立場的には、病院長よりも理事長の方が上ということがスタンダードです。簡単に役割を分けてしまうと、病院長は現場の医療や治療方針などに関しての最高責任者になります。一方で理事長は経営方針を決めたりなどの事務方のトップになります。現在では、病院長という役職を撤廃し、医師免許などを持っていなくても、医療知識や医療業界などに明るく経営手腕を持ったCEOというポジションを設けている医療機関も存在します。

こういった場合、CEOが病院全体の責任者となり、様々な業務を遂行していきます。事務方にも事務長といった名前でトップを置き、様々な業務を担ってもらうというスタイルを採っています。それらを管理監督していくのが理事長といった立場の人間になるのです。大規模な医療機関の場合、こういったスタイルが現在では主流になりつつあるのです。ただし医療の中身を見ると、各診療科ごとに専門性というものが強くなっているのは当然ですから、CEOでは説得力がない場合があります。

このような場合には、現役の医師で確かな知識と経験のあるドクターを医局長として据え、各診療科の統率を図っているというスタイルなのです。逆に小さな病院やクリニックなどでは、理事長=病院長であり、事務長でもあるといったようなスタイルであることが多く、病院の全ての責任を担う役割を受け持っています。こういった場合には、病院長募集などで求人を出すなんてことは、非常に稀だといえるのです。

このように病院長と理事長の違いは、医療や治療などに関しての分野の最高責任者が病院長であり、その医療機関の経営の最高責任者が理事長であるということを覚えておきましょう。規模にもよりますが、病院長と理事長との仕事がかぶってくることもありますが、そういった場合を加味して、病院長の転職をする場合には、人間性というものも重要視される傾向が強いのです。人事や医療機器の導入など、とにかく頻繁にコミュニケーションを取り、二人三脚でその医療機関を良質なものに変えていくのが理事長と病院長なのです。

病院長の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014 病院長求人ガイド All Rights Reserved.