病院長が抱えている苦労とは?

病院長求人TOP >> FAQ >> 病院長が抱えている苦労とは?

病院長が抱えている苦労とは?

病院長といえば、眺めが良い大きな部屋に備えてある、柔からかいソファーに座り、医師や看護師が病院内を走り回っているのを横目に、ゆったりと仕事をしているというイメージをお持ちの方は多いのではないでしょうか。結論からいえば、病院長というものは、何気に多忙ですし、抱えている苦労というものも沢山に存在しているものなのです。実際に病院長までの地位になった場合、規模の違いにもよりますが、専任の秘書がつくことが一般的です。

その上でその秘書がスケジューリング管理をしてもらわないと、仕事がスムーズにこなせないほどに、分刻みレベルの仕事をこなしていくことを求められるのが、病院長という仕事になります。更に、ある程度に医師としての実績や経験がなければ、病院長の職種に就くことは出来ませんから、ある程度の年齢にも関わらず、様々な業務をこなしていく必要があるのです。こういったものは、病院長が抱えている苦労といえるでしょう。

病院長の苦労は他にも、とにかく病院内はもちろんですが、院外においても、様々な会議などに出席をする必要があります。地方ごとの医師会などがあれば、そういったものに出席しなければなりませんし、製薬メーカーや医療機器メーカーなどの外部企業との管理職などとの付き合いなども頻繁に行われることでしょう。とある病院長のブログなどでは、忘年会の時期には、いくつもの集まりに出席しなければならず、非常に多忙を極めるということが綴られています。

病院の運営に関しては、日々に注意を配らなければならない他、理事長や幹部などで行う幹部会議や、安全や感染といったものの管理も行なっていきます。更には医療連携の委員会などにも参加することが一般的です。その上、こういった会議などに出席している傍ら、様々な書類に目を通し、決裁をしなければならないというような多忙さを極める職種です。市区町村や都道府県などの医師会への出席は、通例の仕事と言えるでしょう。

ある程度の高齢にも関わらず、それに見合わない多忙な役割を任されるのが病院長であり、身体がいくつあっても足りないという苦労を抱えていることが多いようです。更に、外来を受け持ったりする機会もありますし、入院患者への院長回診といった、医師としての役割まで担っていくことになりますから、抱えている苦労の数は、一般的なドクターよりもある意味で多いと言えるでしょう。ただ悠然とデスクで書類とにらめっこをしているだけでは務まらない仕事なのです。

病院長の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014 病院長求人ガイド All Rights Reserved.