病院長求人ガイド

病院長を目剤して転職を考えるなら

病院内を統括する管理職として重要な役割を果たす病院長。責任も重く大変な職ですが、その分やりがいも大きく、給与面や待遇面も充実しています。転職をお考えならまず転職サイトに相談してみましょう。

リクルートドクターズキャリアでは優秀なコンサルタントが在籍していますので、病院長への転職もしっかりサポートしてくれます。非公開求人も多く扱っている点も心強いですね。

病院長の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
ブランド力が高く、求人数の多さは業界NO1。病院長求人のような稀少案件でも見つけられる。
一般企業からの病院長求人も豊富。中小医療紹介会社とは知名度が違っている。
■若い年代のキャリアコンサルタントが多く、コンサルタントのやる気が違っているエージェント。



医師転職ドットコム 無料 ★★★★★ 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
高年収案件などのハイクラス求人に強いエージェントだから、病院長求人も期待出来る。
40代以上の医師転職実績が高いからこそ、ある程度のキャリアが必要な病院長求人ならココ。
平均年収アップ率は145パーセント超え。様々な条件の達成率も高く、現役医師の登録数が最多。



エムスリーキャリア 無料 ★★★★ 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
現役医師の登録数は長い期間ナンバーワンを保持。病院長求人などの稀少求人も網羅している。
■一般的なドクターの転職求人も豊富だが、尿院長求人や管理職求人などのハイクラス案件も充実
コンサルタントの能力差が少ないシステムを採用。ストレスのない転職活動が行える。



MCドクターズネット 無料 ★★★★ 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
業界トップクラスのエージェントの1つ。安定した求人数と転職実績がウリのエージェント。
医療業界の知識が豊富なコンサルタントを揃えているため病院長などの管理職求人にも有利。
■情報量の少ない病院長への転職方法などを把握でき、必要な要素なども十分にリサーチ出来る。



JMC 無料 ★★★★ 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
マンツーマンでの篆書奥サポートが特徴。転職成功まで責任を持ってサポートを行なってくれる。
キャリアパスを中長期的に作成してくれる。病院長への道筋を見つけたいならココ。
■目標や価値観など、それぞれの転職希望者に合わせた転職サポートを提供してくれる。



病院長の医師求人は本当にあるのか

病院長という職種は、クリニックや病院を統べる責任者になりますから、外部からの人間を据えるということはなく、基本的にはそのクリニックや病院を開院した人間が就くものであり、求人募集などは行われないというイメージをお持ちの方が多いことでしょう。しかしながら実際には、病院長募集といった求人が存在しているのです。多くの病院長の医師求人に関してはほとんどの場合は医療法人が募集をしているという傾向が見られています。

医療法人以外の病院長の医師の求人はないだろうと思われ勝ちなのですが、一般企業から病院開設者や管理者という名目で病院長の医師を募集しているケースも存在しているのです。ですから、総合的に病院長の医師求人数というものを考えた場合、意外と多いということは覚えておきましょう。ただし医療法人の求人と、一般企業からの求人では、業務上に求められる役割というものがまったく違っているケースが少なくないですから、事前の確認が必要になります。

本来であれば、一般の企業が総合病院やクリニックなどの医療機関を運営していくことは出来ないことになっています。ですから、一般企業からの病院長の医師や一般の医師の求人が出ていることで違和感を感じることはあるでしょうが、実際の病院長の医師求人を見てみると、一般企業からの求人は何気に多く見られているのです。特に多いのが美容形成外科などのクリニックです。この場合母体はエステ経営者が美容形成外科や美容クリニックを全国的に展開をしていくことが多く、各クリニックの病院長の医師求人を募集するケースが見られています。

このようなケースで一般企業が実際は運営母体になり、雇われ病院長の医師が個人開業をするといった形に名目上はなることになります。医療法人である場合には、開設者はそのまま理事長などのポジションにつき、病院経営などに携わっていくのですが、一般企業の場合には経営の方針などは、完全にその企業にコントロールされることになります。

一般企業の場合、開設者と管理者の名義は、雇われた病院長になり、もしも患者さんとの間でトラブルなどが起きてしまった場合には、すべての責任を取ることになってしまいます。更に保健所への申請やクリニックなどで使う医療機器などのリースの名義についても、雇われた病院長の医師の名義になり、破綻などをしてしまった場合にも全て責任を負わなければなりません。こういったことを加味して、本当に自分が求める病院長の医師求人であるのかどうかを確かめることが重要なのです。


Copyright (C) 2014 病院長求人ガイド All Rights Reserved.